かつおぶし

永島先生が持っている道具は一体何でしょうか?blog1

 

 

 

 

 

木片のようなカタマリを、シャッシャッと軽快な音を立てて削っています。
しばらくがんばったあと、箱をあけてみると……
blog3

 

 

 

 

 

中に入っていたのは、かつおぶしでした!

箱の正体は「鰹箱(かつばこ)」といい、鰹節をけずるための道具です。

4年生の社会で、身のまわりの道具について勉強をするということで、お家で使っている鰹箱を持ってきてくれた子もいました。

blog2

 

 

 

 

 

 

削りたての鰹節の香りに、先生方も思わず白いご飯が欲しくなってしまったそうです。

昔ながらの工夫をこらした道具が、みなさんのお家にもあるかもしれませんね。