愛と希望と勇気の日

本日1月14日は、「愛と希望と勇気の日」だそうです。

1959(昭和34)年の今日、南極に置き去りにされた
南極観測隊の2匹のカラフト犬・タロとジロの生存が確認された日と制定されています。

1956(昭和31)年の秋、南極観測船「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発し、
15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加しました。
越冬隊員はヘリコプターで救出されたものの、
15頭のカラフト犬は救出することができず、
鎖につないだまま氷原に置き去りにされてしまいました。
しかし、翌1959(昭和34)年のこの日、
ヘリコプターが2頭の生存を確認したとニュースになり、
世界中が愛と感動で包み込まれました。

さて、このタロとジロだけが生き残れた理由は何でしょうか。
相手は動物ですからもちろん聞くことはかないませんが、
「信念の強さ」が、ほかの犬たちに比べてあったからではないかと思います。
「信じれば叶う」や、「信じるものが救われる」とはよく聞きますが、
私たちにとって「気持ち」というものがいかに大きな力を持っているかを改めて感じさせられます。
CIMG8524
2月1日まで、あと18日!
自信という「気持ち」を持って、18日間を駆け抜けましょう!