伸びる子と伸びない子

今週月曜日の日本経済新聞に
後藤先生のコラムが掲載されています。
DSCN9914
後藤先生が強く感銘を受けた言葉とは・・・
「悔しい」「うれしい」という気持ちを素直に受け止めることの大切さ。

啓明舎小石川校4階エレベーター前、各教室に掲示しております。
ぜひ、ご一読くださいね。

月の昼と夜の温度差・・・・

季節の変わり目に昼夜の寒暖差が激しい日が続きますと、
体調を崩す方が増えると思います。
しかし月は地球と比べものにならないほど、昼夜の寒暖差は激しいです。
DSCN9863
(中村先生を月と見立てて・・・)
昼は約110℃まで温度が上がり、夜になると-170℃まで温度が下がりますので、その差はなんと約300℃!!!!

原因としては、月にはほとんど大気がありません。
月はこの大気がないため昼間は極端に熱くなり、
夜は極端に寒くなってしまうということです。
しかも月は公転周期と自転周期が同じですので、1日がとても長いです。
ちなみに月の1日は、地球の約1か月にあたります。
昼が約15日間続いた後に、夜が15日間続きます。
これも昼夜の寒暖差を大きくしている原因でもあります。

月に住むことはかなり難しそうですね。

KM NAVI 7月号

今週より『KM NAVI 7月号』を配付します。
表紙は下村先生、椎野先生、徳永先生です!
DSCN9711
7月といえば、七夕!
年に一度、おり姫(こと座のベガ)と、
ひこ星(わし座のアルタイル)が
天の川をわたって会うことの許される特別な日。
短冊にはどんな願いを書くのでしょう?
この夏の合言葉は「よっしゃ!啓明舎!!」。
願いを叶えるための努力を積み重ねましょう!